四谷の縁切りパワースポットにお参りしたら、30代独女が結婚できた話

白無垢を来た和装の花嫁の写真

東京四谷に、お岩さんを祀る縁切り寺があった!

東京四谷にある、陽運寺というお寺をご存知でしょうか?

四谷の住宅街にひっそり佇む、知る人ぞ知るパワースポットです。

こちらで祀っているのは、東京四谷怪談で有名なお岩さん。そう、夜な夜な現れては「1枚、2まーい…」とお皿を数える、あのお岩さん。

実はお岩さんは架空の人物ではなく、実在の女性。このお岩さんのお寺が縁切り・縁結びに良いということで訪れてみた筆者(当時の年齢は30代半ば)ですが、その後すぐにスピード結婚を果たし、3年経った今も幸せな結婚生活を送っています。

私が陽運寺を訪れてから実際に結婚できるまでの体験を綴ります。

「男を見る目がない」「恋愛で失敗ばかり」「なぜか変な男性ばかりが寄ってくる」という独身女性は、ぜひご覧あれ!

スポンサードリンク

お岩さんを祀るパワースポット、於岩稲荷陽運寺とは?

於岩稲荷陽運寺は、江戸時代に実在した女性、田宮岩を祀ったお寺。

四谷怪談のお岩さんは夫に復讐する恐ろしい幽霊として描かれていますが、実際のお岩さんは、よく働きよく夫を支える良妻だったそうです。

こうして大切にお祀りされ、名を残しているくらいですから、きっと素敵な女性だったのでしょうね。

於岩稲荷陽運寺の公式HPはこちら≫

陽運寺は、悪縁を切って良縁を結ぶ、縁切り寺として知られています。

陽運寺のHPによると、悪縁とは何かがうまくいかない原因のこと。それは人間関係であったり、時にはお酒やギャンブルであったりもします。

つまり、悪縁とは自分の幸せを邪魔している障害物、と考えればいいでしょうか。

そろそろ真剣に考える年齢なのに、とても幸せとは言えない恋愛ばかりを繰り返してきた私。当時は結婚を考えて時間もお金も捧げた男性との泥沼破局を体験したばかりでした。

次の男性との出会いも恋愛も、自分にも自信をなくして途方に暮れていた時に陽運寺の存在を知り、「ここで悪縁を切ってリセットしよう!」と、陽運寺へ向かったのでした。

いざ、悪縁を断つため陽運寺へ!

陽運寺の場所は、東京の地下鉄丸ノ内線、四谷三丁目駅から徒歩8分。

そう人通りの多くない車道沿いを少し歩いた後は、完全な住宅街に突入します。本当にこんなところにお寺があるの?と思いつつ住宅街を歩いて行くと、それらしきノボリを発見!

実は、お岩さんを祀る於岩稲荷は2つあり、しかもそれぞれがほぼ向かい合った位置にあります。

1つはこれから訪れる於岩稲荷陽運寺。もう1つは於岩稲荷田宮神社。お寺と神社が、それぞれにお岩さんを祀っているんですね。

ものすごい至近距離にあり、同じお岩さんを祀る両者ですが、両者それぞれに「まったく関係はない」と主張しています。そもそも、お寺と神社ですしね。何やらいろんな裏事情はありそうですが、お互いをスルーしているのが現状のようです。

2ヶ所を訪問すればよかったのですが、その時の私は「神様に2ヶ所同時に浮気してはいかんだろう」(実際にはそんなことはなありません)と考え、目的地である陽運寺へ直行。

四谷三丁目駅から向かった場合、歩いて右手にあるのが田宮神社、ほんの少し遅れて左手に現れるのが陽運寺です。

スポンサードリンク

たくさんの神様と井戸がある、静かな境内

平日のお昼過ぎに到着した陽運寺の境内は、私1人の貸切状態。住宅街ですが人通りもほとんどなく、不思議な静けさがあたりを満たしています。

門をくぐると、目の前には開けたスペースがあり、あちらこちらに神様の石像が置かれています。ひとつひとつにお賽銭をし、手を合わせて回ります。

数ある神様のひとつである「水かけ福寿菩薩」様には、水をかけて特に念入りに手合わせ。こちらの水かけ福寿菩薩様は、邪気を払うパワーが非常に素晴らしいという情報を事前に得ていたためです。

神様へのご挨拶が済んだら、いよいよ左手に見える本堂へ。お寺などのパワースポットで自分の望みを祈願する時は、自分の住んでいる場所と名前、願いを具体的にお伝えするのがいいと言われています。

確かに、漠然と「私、結婚したいんです!」と言われるより、具体的に「30~40歳くらいで、タバコを吸わない男性と結婚したいです。」と言われたほうが、「だったら、ちょうどいい人がいるから紹介するよ。」と、相手の希望を聞いてあげやすいですよね。

そこで、運良く貸し切り状態だったこともあり、自己紹介からお相手の希望までをがっつり祈願。

「東京都○○に住んでいる○○と申します。恋愛・結婚のことでお願いに参りました。なぜかいつも、自分と向き合ってくれない男性や、周囲から止めたほうがいいと反対される男性ばかりを選んでしまいます。どうか悪縁を絶ち、一生を共に出来る新たな縁を結んでください。お相手は、私と同じ○○業界の人ではなくて、自分で会社を作りたいとか独立したいという人でもなくて、マジメな会社員の方を希望です。年齢的に来年中には結婚したいと思っているので、どうか来年の3月までに出会わせてください。」

と、ずうずうしく出会いの締め切りと男性のタイプまで指定。いままで、個性的な職業の男性や、独立志向の強い男性と付き合い、次は何かと痛い目を見てきたため、次に出会うなら堅実な会社員の男性がいいと思っていたのです。

もう個性的な恋愛とかお腹いっぱい。普通の恋愛と普通の結婚がしたい。

そんな思いの丈を存分にお岩さんにお伝えし、陽運寺を後にしたのでした。

陽運寺にお参りしたその日に、今の夫に出会う

陽運寺にお参りした日の夜、私には飲み会の予定がありました。仕事関係者が10名ほど集まる会であり、まったく出会い目的ではなく、そんな期待は微塵もしていませんでした。

が、その会合で出会った男性が、今の私の夫です。

もともと仕事で数回顔を合わせたことはあったのですが、その飲み会で初めてちゃんと話す機会があり、意気投合。交際から入籍まで半年も経たない、スピード結婚となりました。

陽運寺にお参りしたその日の夜に、未来の夫と出会うというミラクル。

なお、結婚したお相手は、お岩さんにお願いしたタイプとはまったく違う男性ですが、大変円満に過ごしています。

「あらあら、あなたに合うのはそういう男性じゃないのよ。ホラ、こっちよ。」

という、お岩さんからのメッセージを感じずにはいられません。

結婚が決まった後には、お礼参りに行かせていただきました。

於岩稲荷陽運寺へのアクセス

東京都新宿区左門町18番地
地下鉄丸ノ内線、四谷三丁目3番出口から徒歩8分
JR中央線・総武線、信濃駅より徒歩10分