オラクルカードをしていて涙が止まらなくなる時は

オラクルカードをしていて涙が止まらなくなる時は

魂にふれると涙があふれてくる

オラクルカードをしていて、メッセージを受け取った後に涙が止まらなくなる人がいます。

自分でリーディングしていて出る場合もありますし、セラピストにリーディングをしてもらって出る場合やセラピストの涙が止まらないということもあります。

これは、そのオラクルカードリーディング結果が魂の記憶にふれた時に起こる現象です。

スポンサードリンク

オラクルカードから読み取れる魂の願い

私たちの魂はこの世に生まれる時に必ず願いをもって生まれてきます。
その願いは人によってさまざま。

前世で愛する人と結ばれなかったから、今生で結ばれたいと願って生まれてきたり、
前世では愛のない結婚をしたから、今生では愛のある結婚をしたいと願って生まれてきたり
前世で子供を守れなかった母親が今生では守りたいと願ったり、
または、人類にとって有意義な発明をしたい、
自然を守りたい、誰かを助けたい、など

自分のためだったり、他人のためだったり、人類のためだったり、地球のためだったりと
個人的な願いから、大きな願いまでいろいろな願いがあります。

そして、私たちは一つではなく、たくさんの願いを抱えて地球に生まれてきます。
中には忘れてしまった願いもあるでしょう。

オラクルカードリーディングでの実際のエピソード

私の周りでは、オラクルカードリーディングによって、その忘れられていた願いが、また心に宿るときに涙がでて止まらなくなる人が多いように感じます。

私が以前、「天職は何かを知りたい」という女性をリーディングをさせていただいた時、「環境を守る」というようなカードが出ました。
するとその女性はとても驚いたような顔をして、小学生のころなぜか環境保護に興味があって、そのような内容のテレビ番組を夢中で見ていた過去や、合成洗剤が環境に悪そうで、多少高くても自然派の洗剤を選んでいることを話してくれました。
ただ、環境保護の仕事につこうと思ったことはなく、また環境に興味があることは誰にも言ったことがなく、最近は自分でも忘れていたそうなので、カードの結果に驚いてしまったそうです。

その時はその女性も私も涙が止まらなくなり、これは魂の本当の願いだということがわかりました。

このエピソード以外にも、思いもよらなかったことが自分の心の中にあることに気付いた時に涙が止まらなくなる人が多いです。


涙が出ないからと言って魂の記憶にふれていないということではありませんが、涙がとまらなくなるという現象は魂の記憶に触れているということの証明だと感じます。

リーディングの参考にしてみてくださいね。