よく活用される、フラワーエッセンス。迷った時はこのフラワーエッセンスを!

よく活用される、フラワーエッセンス。迷った時はこのフラワーエッセンスを!

38種類のマイナス感情、そのためのフラワーエッセンス

バッチフラワーレメディは全部で38種類あります。

それぞれにマイナスの感情が振り分けられており、重複はしていません。

38種類のマイナスの感情に対して、個別のフラワーエッセンスが1つづつあるということです。

全てが自分の性格に表れることはありませんが、マイナス感情が全くない人という人も存在しません。
もし、マイナスな感情が全くないのであれば、人として生まれ変わってこないからです。


自分では気が付いていなくても、人はだいたい、20種類くらいのマイナス感情を抱えています。
そのマイナス感情には強弱があり、強いほうから7番目までが、表面に表れている性格に影響しています。

スポンサードリンク

多くの人が持ちやすいマイナス感情がある

38種類のマイナスの感情のうち、私たちが持ちやすい感情と少数の人しかもっていない感情があります。

持ちやすい感情の中には、強く出やすい感情があります。

それは、

①ねたみ、恨みな

②傷つき易過ぎる

③絶望、挫折感

④悩みすぎる

⑤無気力、無力感

というような感情です。

持ちやすいマイナス感情のためのフラワーエッセンス

そのマイナス感情のためのフラワーエッセンスは、以下の通り。

①ねたみ、恨み・・・ウィロ―

②傷つき易過ぎる・・・スター・オブ・ベツレヘム

③絶望、挫折感・・・スイート・チェストナット

④悩みすぎる・・・ホワイト・チェストナット

⑤無気力、無力感・・・ワイルド・ローズ

特に、ウィロ―はほとんどすべての人間が持っているのではないかと言われている感情に対するフラワーエッセンスです。

ねたみ、恨み以外にも上記のマイナス感情はよく現れるそうで、それに対応するフラワーエッセンスはよく活用されています。

自分に必要なフラワーエッセンスがよくわからない
という方は、まずこの5つの中のフラワーエッセンスの説明をよく読んでみてください。

自分にマイナスの感情があること素直に認め、それが何かを見つけることから幸せは始まります。