催眠療法FAQ – 催眠療法は本当に効果があるか?

眠っている子猫の写真

催眠療法は誰にでも効果があるのか?

催眠療法は、残念ながら誰にでも必ず効果の出るものではありません。

催眠療法は魔法ではなく、あくまでも数多あるヒーリング・セラピー技術のひとつ。

薬や食べ物にも体に合うものと合わないものとがあるように、当然、催眠療法が合う人、合わない人が出てきます。

「100%効果がある」「必ず効果がある」などという謳い文句を掲げている催眠療法サロンがあった場合は、逆に警戒したほうがいいでしょう。

催眠療法の効果があるかどうかは、催眠術者の技量よりも、「催眠感受性」という、催眠を受ける側が持つ催眠のかかりやすさに大きく左右されると言われています。

となると、気になるのは自分が催眠術にかかりやすいのかどうか。

簡単にできる催眠感受性のチェックテスト2つを紹介します。

スポンサードリンク

自分でできる催眠感受性チェックテスト(1)

催眠術師・催眠心理療法士として活動し、催眠術師養成スクールの運営もしている中井英史氏。

中井氏は、著書の中で次のような内容の催眠感受性チェックテストを紹介しています。10個の質問のうち、YESが多いほど催眠術にかかりやすいというもの。

催眠療法に興味のある方は、レッツトライ!

  1. 幽霊を見たり、感じたりしたことがある
  2. 金縛りにかかったことがある
  3. 催眠術にかかってみたいと強く思う
  4. 自分は催眠術にかかりやすいと思う
  5. 物事に集中しやすい、ハマりやすい
  6. 目を閉じて何かをイメージする時、カラー(色付き)で映像化できる
  7. テレビや映画を見て泣くことが多い
  8. 一目惚れすることが多い
  9. 方向音痴である
  10. 夢をはっきり覚えていることが多い

参考書籍:人の心を操る催眠術ブレイン・ハック(フォレスト出版)

 こうして質問項目を見ると、やはり感受性や想像力の豊かな人ほど、催眠療法の効果を得られやすいと言えそうですね。

自分でできる催眠感受性チェックテスト(2)

手のひらを上に向けて差し出し、目をつぶります。

そして、手の上に重い石が乗せられたことをイメージしましょう。

石はどんどん、どんどん重たくなっていきます…

目を開けた時に、手がどれくらい下がっているかどうかで、催眠感受性を測ることができます。

1人だとわかりにくいので、何人かで一緒にやってみるといいかもしれませんね。

手の位置もまったく微動だしないという人は催眠感受性が低いということなので、催眠療法を受けてもあまり効果は期待できないかもしれません。

逆に、このテストをやってみて手が大きく下がった人は、催眠療法が効きやすく、効果も高い可能性が大。

何か悩み事や心配事を抱えている時の解決法のひとつとして、催眠療法を選択肢に入れてみてもいいかもしれませんね。