自分に合ったフラワーエッセンスを見つける方法

花と緑が豊かな庭園の写真

①自分の感情で決める

バッチフラワーレメディには心のクセに合わせて、38種類のフラワーエッセンスがあります。
フラワーエッセンスの本やHPなどを見て、自分に合うものを探しましょう。

今感じているマイナスな感情や自分の持っている悪い性格のクセに応じたものを選びます。

バッチフラワーレメディは自分でフラワーエッセンスを選べるように、表面に出ている感情をもとに選べば改善していくようになっていますが、表面に出てくる感情だけをとらえてもなかなか改善しない場合もあります。

その感情のもとになっている心のクセは表面に表れているものと違う場合があるからです。

例えば、「傲慢」には「ビーチ」のフラワーエッセンスが効くと思われますが
自信のなさが原因で、人を見下して自分が優位に立って安心を得たいために傲慢な考え方をする場合には
傲慢さではなく自信のなさや不安を取り除く必要があります。
そのような場合には「ラーチ」のフラワーエッセンスが効果的です。

このように、フラワーエッセンスは、感情の原因となっている「心のクセ」に対応したものを使用しないと
効果を感じることが出来ない場合もあります。

早く効果を感じたい場合には、自分を見つめ直すことから始めて、そのマイナスの感情はどういう理由で湧き上がってくるのかを考えてからフラワーエッセンスを選びましょう。

自分を見つめなすことが難しいと感じる方は、表面に出ている感情だけで選んでも大丈夫です。
その感情が収まれば、次の感情が現れるので時間はかかりますが、自分の心の奥底の感情まで必ずたどり着きます。

スポンサードリンク

②オーリングテストで見つける

代替医療で使われているオーリングテストでもフラワーエッセンスを選ぶことが出来ます。

利き手でオーリングを作り、反対の手でフラワーエッセンスのボトルを持ちます。
誰かに利き手の親指と人差し指を離すように引っ張ってもらいます。
指が閉じたまま離れないフラワーエッセンスがあなたに必要なフラワーエッセンスです。
必要のないものは指が簡単にはなれます。

また、フラワーエッセンスのボトルが手元にない場合は
利き手でオーリングを作って、反対の手でフラワーエッセンスの本などの写真を指や手で触って判断することもできます。

自分に合ったフラワーエッセンスを見つける方法

③ダウジングで見つける

ペンデュラム(振り子)を使っても自分に合ったフラワーエッセンスが探せます。

yesの動きとnoの動きをペンデュラムに覚えてもらいます。
例えば、yesなら右回り、noなら左回りと決めて、「YESのサインは時計回りです。時計回りをしてください。」とペンデュラムに伝え、右回りしてくれるようになったらOK。

その後、フラワーエッセンスのボトルや、写真の上で
「このエッセンスは私に必要なものですか?」とペンデュラムに聞きます。
ペンデュラムがyesのサインを出したら、それがあなたに必要なフラワーエッセンスです。

以上が自分に合ったフラワーエッセンスを見つけるおすすめの方法ですが、どうしても自分で選べない場合は、専門家に相談することもできます。
フラワーエッセンスを扱っているお店に相談してみましょう。

しかし、バッチ博士は自分で自分に必要なフラワーエッセンスを選べるようにとシンプルにしたのですから、気負わずに自分で選んでみてください。もし必要のないフラワーエッセンスを選んだとしても、副作用は全くありませんから安心してください。

フラワーエッセンスは同時に使用してもよいのは7種類までです。自分に必要なフラワーエッセンスが7種類以上出来てきしまった場合は、強く感じている感情を優先して使用し、それが収まったら次のフラワーエッセンスを使用するとよいでしょう。