ハイヤーセルフとは?ハイヤーセルフの正しい意味を理解しよう

金や赤など色とりどりに描かれた天井画の写真

ハイヤーセルフって何?

スピリチュアルや占いの世界では度々耳にする「ハイヤーセルフ」。

日本語にすると“高次元の自己”という意味になりますが、実際にはハイヤーセルフとはどんな存在なのでしょう?

なんとなくすごい存在だということは感じますが、具体的にどんな存在で、自分とどういう関わりを持っているのかと聞かれると、いまいち曖昧ですよね。

なかなかわかりにくい、ハイヤーセルフについて説明します。

スポンサードリンク

ハイヤーセルフ=あなたの転生を統括する高次元の存在

ハイヤーセルフを理解するには、まず輪廻転生の概念を理解しましょう。

輪廻転生とは生まれ変わること。肉体は滅んでも魂は滅びず、また新たな肉体に生まれ変わって、新たな人生を歩みます。

こうして、同じ魂でつながった人間が、たくさんの時代を生き、あなたが死んだ後も、また誰かに生まれ変わって続いてゆきます。

ハイヤーセルフとは、この輪廻転生を司る魂のこと。輪廻転生の核と言い換えてもいいでしょう。

肉体が何度生まれ変わっても、核であるハイヤーセルフは消滅せずに存在し続けます。そして、より魂を磨くために、新しい人生でさまざまなことを学び続けます。

ハイヤーセルフは、過去と未来のあなたの輪廻転生を統括する高次元の存在であり、同時に、今現在はあなたという人間として生きている、あなた自身でもあります。

“高次元の自己”という意味は、そこから来ています。

ハイヤーセルフが何者なのか、少しイメージがわいたでしょうか?

ハイヤーセルフと守護霊の違い

ハイヤーセルフとよく混同されてしまうのが守護霊です。

でも、両者の違いは明らか。

ハイヤーセルフ=自分自身
守護霊=他人

です。

守護霊は、あなたを見守ってくれる霊的存在。ご先祖さまなど、過去に自分と縁の深い人が守護霊になることが多いとされています。

一方のハイヤーセルフは、あなたを守っている誰かではなく、あなた自身。

ハイヤーセルフという魂が、あなたという肉体をまとって現世に存在しているのです。

ですから、ハイヤーセルフを持っていないという人はいません。自覚はしていなくとも、ハイヤーセルフはすべての人に存在しています。

スポンサードリンク

ハイヤーセルフが教えてくれること

ハイヤーセルフは自分自身でもあり、あなたより高い場所からあなたの人生を見て、魂に学びを与えるために人生に課題を与えている教師のような存在でもあります。

自分の魂の中にあるハイヤーセルフとのつながりを深め、その存在を意識することで、あなたが現世に生きる意味を理解し、よりよい人生を生きることができるようになるでしょう。