海、川、湖…夢の中の「水」はあなたの感情を映す鏡

水面に光が反射してキラキラと輝いている写真

夢の中の水は、あなたの感情状態の象徴!

海に川に湖、池に沼に雨…

夢の中に「水」が出てくること、誰でも一度は経験があるのではないでしょうか。

夢診断において、こうした水が意味するものはすべて共通。

それは、あなた自身の現在の感情の状態です。

穏やかで凪いだ水面であれば、あなたの感情が落ち着きリラックスしているということ。

さざ波に気を取られたのなら、何か心に引っかかる出来事や心配事があるのかもしれません。

反対に荒れ狂う波や、横殴りの雨が降っているような水が出てきた場合は、あなたが自分の感情に呑み込まれたり、激しい感情に突き動かされていることを表しています。

人体の70%は水で構成されていますから、水の変化がそのまま心の状態を映しているというのも、なんだか納得できますよね。

もし夢に水が出てきたら、それがどんな状態だったか、どんな大きさや広さを持っていたかに注目してみてください。

きっと、あなたの今の状況を読み解く鍵が隠れているはずですよ。