【夢占い】鏡に他人が映る夢は、裏切りへの警告

鏡を手に自分の姿を見ている女性の写真

夢のキーワード

鏡に他人が映る、鏡に別人が映る、鏡に自分とは違う人が映る、他人の顔、別人の顔

スポンサードリンク

鏡に他人が映る夢の意味

夢の中の鏡には、他人との関係について見直すようにという戒めの意味があります。

鏡に自分とは違う他人が映っているのなら、その人との関係を見直すようにという警告の意味。

その人物があなたを裏切ったり、隠し事をしていることを示唆しています。

鏡に映ったのが知人であれば、その人との関係に気をつけましょう。

もしそれが恋人であった場合、浮気されている可能性、恋人があなたとの関係に疑問を抱き始めている可能性があります。

あるいは、あなたが一方的に相手の浮気を疑っている場合、その気持ちが鏡に表れたと見ることもできます。いずれにせよ、2人の関係を見直し、健全な関係を作るように努力する必要があるでしょう。

鏡に映っているのがまったく知らない人であった場合、その人物はあなたが近い将来に出会う人物や事柄を象徴しています。

その人物からどのような印象を受けたかに注目しましょう。良い印象を受けたのであれば、あなたにとって良い転機となる出会いや出来事が、悪い印象を受けたのであれば運気が下がる印です。

また、未婚の親になる可能性を示していることもあります。