【夢占い】音楽は癒やしと創造性のシンボル。どんな音色だったかに注目を

楽譜と音符のイメージ画像

夢のキーワード

音楽、歌、歌声、音色、楽器、ミュージック

スポンサードリンク

音楽の夢の意味

夢の中で聞こえる音楽は、癒やしや創造性を象徴するもの。

基本的には良い意味になりますが、当然ながら、どんな音色が聞こえたかによって解釈は変わってきます。

夢で流れていた音楽には、現在のあなたの心情、あるいは近い未来に起こる出来事が反映されていることが多いでしょう。

美しい音楽や楽しい音楽の夢は、あなたの感受性や創造性が高まっていること、あるいは近い将来に、現在抱えている不安や悩みが癒される可能性を意味します。

普段あまり聞いたことのないような音楽が聞こえていた場合、近々、あなたにとって何か新しい出会いやチャンスが訪れるのかもしれません。

自分も音楽の演奏に加わっていたのなら、エネルギーが高まり、気力が充実した状態を示しています。

音楽と言ってもそれが好ましい音色ではなく、怪しく不穏な印象であった場合は、あなた自身の創造力が低下していたり、心身の疲労によりエネルギーやモチベーションが低迷していることを示すもの。

夢からの警告と受け止めて、気持ちをリフレッシュさせるようにしましょう。