【夢占い】自分が死ぬ夢は、新しい成長へのスタートを意味する

階段で倒れている男性の写真

夢のキーワード

自分が死ぬ、死んだ自分、自分が死んでいる

スポンサードリンク

自分が死ぬ夢の意味

夢の中で自分が死んでいる。思わずドキッとしてしまうような夢ですが、あなた自身の死や危険を意味するような夢ではありません。

夢の世界では、死は終わりではなく、再生を意味するもの。冬が来て春が訪れるように、古い何かが死に、新しい成長へ向けて一歩を踏み出すことを表しています。

そして夢の中の自分は、過去や現在におけるあなたの断片。あなた自身が持っている、ある側面や性質を表しています。

夢で自分が死ぬということは、あなたの持っている何かが死に、新しいスタートを迎えるという意味です。

自分が死ぬ夢を見たら、死んでいるのはあなたの”どの部分”なのか、あるいはどうしてあなたは死んでいるのか、その状況や理由に注目してください。

もし、あなたが何か新しい出来事を始めようとしていたり、過去の出来事を吹っ切ろうとしているのなら、あなたが過去と決別し、未来に心を向けられるようになったことを意味しています。