【夢占い】氷は、問題に向き合えない心の麻痺状態を表す

氷の写真

夢のキーワード

氷、アイス、凍る、流氷

スポンサードリンク

氷の夢の意味

夢の世界の水は、あなたの感情や精神状態のシンボルです。

その水が凍ってしまっているのは、あなたの感情が麻痺したり、鈍くなっているということ。

本当は何かおかしい、辛い、苦しいと感じているのに、無理に自分の感情を抑えていませんか?

あるいは、向き合わなければいけない人物や出来事から目を背けて、自分の殻に閉じこもってはいませんか?

あなたの心を凍らせているものは何か、考えてみてください。

氷の上に立っていたり、歩いている夢は、危険な状況にいることへの警告です。

今のままでは、いずれ氷が割れて、冷たい水の下へ落ちてしまうでしょう。

氷を作り、危険な状態を作っているのはあなた自身。危険を回避するには、閉ざした感情を開放し、自分の本心や人の言葉に、素直に耳を傾けることが大切です。