【夢占い】死ぬ夢は不吉ではなく、新たなスタートを意味する前向きな夢

枯れ木のモノクロ写真

夢のキーワード

死ぬ、死亡

スポンサードリンク

死ぬ夢の意味

自分が死ぬ夢、誰かが死ぬ夢。

死ぬ夢を見ると、何か不吉なことが起こる前触れのようでドキッとしてしまいますが、決して凶夢ではありません。

夢の世界の死が意味するのは、新たな始まり。

冬が来て春が来るように、古いものがその役割を終えて、新しいものが生まれることを表しています。

死ぬ夢は、あなたがこれから新たな学びや気付きを得られるという前向きな夢。怖れる必要はないのです。

誰か特定の人物が死ぬ夢を見た場合は、その本人が死ぬのではなく、その人が象徴する何かが終わることを意味します。

その人物とあなたとの関係、もしくはあなたがその人物に対して持っている印象を思い浮かべてみましょう。

例えば、あなたにとって厄介な出来事に関わる人物であれば、その問題が解決に向かうということ。

具体的な出来事でない場合は、優しい、厳しいなどの人物的な性格・性質を象徴しています。