【夢占い】バスで事故に遭う夢は、チャンスや可能性がなくなる警告

猛スピードで走るバスのモノクロ写真

夢のキーワード

バス、事故、交通事故、衝突、車両事故

スポンサードリンク

バスで事故に遭う夢の意味

夢の中のバスは、あなたの潜在能力や可能性のシンボル。

そのバスが事故に遭うということは、せっかくの能力やチャンスが台無しになってしまうという意味になります。

バスの大きさは能力や可能性の大きさを表しているので、事故に遭ったバスが大きいほど、逃すチャンスも大きいということ。

バスで事故に遭う夢を見たら、その原因を突き止め、事故に遭う状況を回避するために、バスの状況や運転手、同乗者に注目してください。

途中までは順調に運行していたのに、不意に事故が起きた夢なら、今現在は順調でも、近い未来に思わぬトラブルが起こるということ。

最初から悪天候や悪路を進んでいる場合、すでに状況は悪化しています。早めに手を打たなければ、チャンスが消えてしまうという強い警告になります。

バスの運転手は、あなたの人生や能力をコントロールしている人物です。あなた自身が運転手だったのであれば、自身のミスで自らのチャンスを潰してしまう可能性を示唆しています。

自分とは別の人物が運転していた場合、あなたの人生や可能性を他人に握られているということ。このままでは、せっかくのチャンスも活かされずに終わってしまうかもしれません。

バスに乗っていた人たちは、あなたの能力やチャンスに関わりのある人たち、あるいはそれに関わるあなたの性質を象徴しています。

助けてくれようとした人はいたか、どんな人たちが乗っていて、どのようにバスの運行に影響していたかを思い出してみましょう。